top of page

GRヤリス エアコンガスクリーニングを行ったら驚愕の事実が!【SNAP ON DUAL pro】



GRヤリス・・新ガスのHFO1234yf採用車です。

新車なのに、エアコンガスが規定量注入されていない。

こんな話を聞いた事がありますか?

情報を取りにいかない方は知らないと思います。

しかし、自分で調べる行動力のある方は知っています。


私自身、何年も電装屋として働き、メーカークレームでエアコンが効きが悪い車両(ガス量が少ない)を診断してもガス漏れを発見できなかったことが何度もあります。

カーエアコンというものはガス漏れがなくても年間数%は抜けます。

これは構造上仕方ないです。

しかし、それにしても減っている量が多すぎる。

その時に、新車時に規定量注入されていないのでは?という考えに至りました。



今回のガスクリーニング施行の結果、驚きを隠せませんでした。








規定量420g ±30g

回収量 220g


規定量の下限値が入っていたとして390g

回収損失は10~20%と考えていますから

273g~351gが正規の回収量だと思います。


やはり少ないですね。。

今の時期で、施工前と施工後でそんなに吹出し温度は変わりませんでした。

真夏はどうでしょう?


そしてガスが少ない状態だとコンプレッサーはMAXで働きます。

燃費やパワーに直結しますね。


スナップオンのエアコンサービスステーションの良いところは、回収ガスを高純度に再生する点です。


一度ガスを回収し、新品のコンプレッサーから出た不純物を除去、エアコンサイクル内を真空引きする事で大敵の水分も除去。

高純度に再生されたガスを規定量注入。

そんなイメージでしょうか。


このエアコンガスクリーニングは新車時に行うのも効果が高いと思いませんか?

1234yf 安くはありませんが効果があるメンテナンス、予防整備です。


※ 施工時のレポートをもってメーカーや販売店にクレームをつけるのはご遠慮ください。

Comentários


bottom of page